◆会長退任挨拶 亀岡 征子

 

昨年とても心細くスタートした事を思い起こしております。
不慣れな会長職を久保田事務局さんを始め理事会メンバーの方々が支えて下さいました。そして、各委員長さんや委員会の皆様のご協力で、色々な活動が行えたと思って居ります。

今年度は、7月に宇和島東高の宮部さおりさんがユースフォーラムに入賞され、日本財団の社会ボランティア賞青少年の部へ三間高校が選ばれました。


そして、11月の日本財団熊本大会には8名で参加しました。それから、三つの賞への応募をいたしました。
残念ながら入賞は逃しましたが、アワード委員会の方々の並々ならぬ努力に心より御礼申し上げます。有難うございました。

 

また、SI松山の40周年に多数の参加を頂けましたこと等、すべてのことへの皆様のご協力に感謝して居ります。

最後になりましたが、SI宇和島の会員の皆様の田第なご支援・ご協力により至らない私でしたが何とか無事一年間の活動を終えることが出来ました。
心より厚く御礼申し上げます。本当に有難うございました。


◆2012年度 会長就任にあたって 野本 寿美子

 

今年の一月末、現会長より急にお話を伺いまして、躊躇いたしましたが、会員の皆様の励ましのおことばや、温かいご助言に勇気を頂きまして、本年度の会長をお受け致しました。それからの半年、月日は一瞬に過ぎてしまいました。今も、これからの一年を思いますと、戸惑いと不安な気持ちでございます。けれども、「何が起こるかわからない・」日本であり、世界情勢です。


当地も景気もなかなか上向かず、不安定な状況です。
せめて国際ソロプチミスト宇和島は、会員相互で仲良く、楽しく、助け合って女性らしいパワーを地域に波及させて、この一年間の行事を進めながら、20周年に繋いで行きたいと思っております。

 

役員をお受け頂く皆様、会員の皆様どうかご指導の程よろしくお願い致しいます。


◆国際ソロプチミスト テーマ

 

国際テーマ 女性のグローバルボイス

      A Global Voice for Women

 

連盟テーマ 女性のために変化をもたらす

      Making Difference for Women

 

      ベスト・フォー・ウィメン

      Best for Women

 

日本西リジョンテーマ 女性と子供の生活向上~夢を生きる~

      To Inprove the Lives of Women and

      Children ~ Living Our Dreams ~

 

クラブテーマ やさしさと笑顔と思いやり


◆H23年度 委員会活動記録

プログラム奉仕委員会 荻原 初美

 

・宇和島祭り協賛(ガイヤ踊り国際ソロプチミスト賞)

・豊正園 (休眠中の出品と参加協力)

・宇和島少年少女合唱団助成金

・宇和島市立図書館寄付

・エイズキャンペーン運動(環境・奉仕委員会と協力)

・その他   古切手の収集

       デートDVに関わる活動(高校生中心)

       各賞の応募(アワード委員会と協力)

 

一年間プログラム委員として、微力ながら活動して感じたことは、委員会としての活動範囲が広すぎて、継続活動以外になかなか積極的にできませんでした。リジョン大会では、、盛んに活動しているクラブが発表されていますが、クラブ間で委員会活動に温度差があり委員長の熱意と積極的な行動で活発な委員会活動ができると思います。前向きに活動しなくてはいけません。自ら反省し次期委員長に引き継ぎしたいと思います。

図書費の寄贈


環境奉仕委員会 今城 岩子

( エイズ防止キャンペーンの様子がUCATで放送されました。)

(1)保健 ・・・ 女性と子供の命を守る

 11月25日 三間高校でエイズキャンペーンに16名参加

 

月例会時に会員健康のため、ヨガの指導をうけるようにした

 

(2)食育 ・・・ 子供達の心身の健全育成

(3)自然環境の向上

 

本年度は(1)保健分野の活動に努めた。

(2)食育、(3)自然環境も子孫や家族を持つ女性として今後取り組んでいきたい。


アワード委員会 土居 礼子

 

宇和島市在住の3人の女性の素晴らしい活動を知り、”女性に機会を与える賞”、”ルビー賞”、”ヴァイオレット・リチャードソン賞”の3つの賞に応募できたことは何よりの喜びでした。

 

前年度、西リジョンのアワード委員をされた久保田さんの惜しみない助言と協力には、本当に感謝しております。

 

久保田さんの敷いて頂いたレールに乗り、私なりに一生懸命活動することができ、”国際ソロプチミスト宇和島”存在を地域社会に知って頂ける機会を沢山作ったと自負しております。

 

受賞は出来ませんでしたが、3つの賞に応募したということで、西リジョン多田アワード委員長に指名され、分科会においてSI宇和島として委員会の活動報告が出来たことは、私にとっては、一大事でした。

 

今後もさらに、アワード委員会の活動として訪問活動を継続することによって、”ソロプチミスト”の知名度を上げ、信頼関係が築けると確信致します。

 

また、クラブの会員の皆からの叱咤激励に国際ソロプチミスト宇和島の会員であることを感謝し、改めて、”ソロプチミスト”としての役割が果たせたと感じています。尚、応募して頂いた方々には、5月例会時に表彰式を開催して頂き、クラブ賞として、賞状と金一封を授与することが出来たことは本当にうれしく思いました。

 

最後になりましたが発足以来、チャーターメンバーとして18年間過ごして参りましたがアワード委員会の顕彰事業に参加することによって初めて、ソロプチミスト誓約・ソロプチミストシンフォニーの信条を理解することができたと痛感しています。

クラブ賞を受賞された
甲斐さん ・ 山口さん ・ 三浦さん


スポンサーシップ委員会 浅田 昌美

 

スポンサー委員会は、2004年6月にアメリカ、連盟で細則改正され解散しました。

私達の日本西リジョンでも2012年6月を以て改正され、プログラム奉仕委員会の中のスポンサーシプッ分野として、クラブ独自の活動をすることになりました。

 

よって、SI宇和島は宇和島東高校ボランティア部を引き続き支援することにしました。

今日の青少年は明日の市民といわれるように、変わりゆく世界の中でも常に奉仕の心を自覚する青少年を、地域社会の中で育てて行くことが、私達国際ソロプチミストスポンサーシップ委員会の活動であり、次世代への私達の使命でもあると思うので、次年度から当委員会がなくなるのは本当に残念です。

 

私達は、宇和島東高校の生徒の皆さんに、奉仕の意欲を引き継いで頂けるように、今まで通りの活動の支援と協力をしてゆきたいと思っています。

 

東高の宮部さんがユーズフォーラム賞受賞!

(広報うわじま10月号より)

 

国際ソロプチミスト宇和島は、市内在住の女性で構成され、福祉活動やイベント開催などを通じて、女性リーダーの育成を目指しています。

今回、岡山県岡山市で日本西リジョンユースフォーラムが開催されました。

 

各地域のソロプチミストから推薦された51人の女子高生が参加しました。宇和島からは宮部 沙織さん(宇和島東)が参加し、ユースフォーラム賞を受賞しました。

 

フォーラムでは、「私たちに何ができるか」をテーマに意見交換を行い、「海外で医療活動を行い、国際社会に貢献したいという夢を実現するために頑張りたい」という積極的な意見もありました。


財務/奉仕資金委員会 三浦 理恵

( バザーの様子がUCATで放送されました。)

今年度も昨年に続き、道の駅きさいや広場でのチャリティバザーを実施しました。収益金は目標額を大幅に上回り、会員と皆様のご強直に感謝いたします。

 

会場を変わって2年目ですが、それまでの会場のころと比べ、新しい人や若い人の集客がたいへん良いように感じました。バザーの品も大人気で瞬く間に完売しました。バザー品の持ち寄りについては、家庭での到来品も減り、会員の負担が大きくなってきているのは否めません。

 

喫茶部では、美味しいコーヒーに今年も亀岡会員ご家族手作りのお菓子を添えて喜ばれました。宇和島東Sクラブからもお手伝いにきてもらい、ソロプチミストの活動への理解を深めて頂けたと思います。

 

時間的な効率も大変良かったと思います。

カトレアフェローシップに4名のご協力を頂きました。有難うございました。


規則決議/SOLT委員会 徳弘 清子

 

本年度の定例業務例会の100%出席者は浅田さん、井上弥生さん、今城さん、植木さん、大塚さん、萩原さん、亀岡さん、久保田さん、土居礼子さん、中村さん、宮田さん、以上11名の方々でした。

皆様ご多忙中にも関わらず予定を合わせてご出席されたことに、あらためて敬意を表します。

本年度の平均出席率は71.8%でした。

次年度は、80%以上の出席率を目指して頑張りましょう!


メンバーシップ委員会 高倉純子/大塚享子

 

新会員さんの獲得に至りませんでしたが、休会者へは近況報告を交えてお便りしコンタクトに心がけました。

 

入会のお誘いは声をかけやすい人に限られるので、親しいお友達には是非お声かけをお願いします。

 

次年度は新会員「+1」達成を目標にがんばりましょう。会員維持こそが優先課題・・・と思いますのでよろしくお願いします。


ソロプチミズト日本財団委員会 寺田 久子

 

森田委員長から途中で引き継ぐことになり、不安でしたが、アワード委員の土居礼子さんの協力を得て「日本財団学生ボランティア賞」に広見中学校のダルニー奨学金の活動を応募することが出来ました。

 

この活動をご紹介頂いた、現三間中学校の高魚校長先生からも素晴らしい推薦状を頂き、あとは秋の発表を楽しみに待つばかりです。

 

三間高校 ソロプチミスト日本財団 社会ボランティア賞受賞

授賞式の様子①

(広報うわじま1月号より)

三間高校農業クラブが平成10年から地域や行政と一緒に続けている三間町花いっぱい運動が、ソロプチミスト日本財団の2011年社会ボランティア賞を受賞しました。

42番札所仏木寺の前にある約1.2kmの花壇の管理や、学校で育てた花苗約2万鉢を三間地区の小中学校や社会福祉施設などへ配布しています。

授賞式の様子②


広報委員会 中村 香織

 

年度初めにSI宇和島の「IT元年」にしたい、と宣言したにも関わらず、表面的には何ら進展していませんが、深部では除々にIT方向に舵が向かっています。ようやく覚えた携帯メールさえ今ではアナログ扱いです。

 

クラブの事務局を含め、すべての業務はインターネット抜きでは仕事にならない時代になってしまいました。これを明治の先人達がしったならどれほど羨む事でしょう。

 

地理的には四国の南端にある「SI宇和島」が、インターネット上では中央と対等になれるのですから。

 

素晴らしい若い会員さんたちの力を借りて、次年度こそホームページを開設し、IT化による広報活動を推進してゆきたいと思います。


● 2012年度行事予定 ●

 

11/18(日)

チャリティバザー  於  道の駅 きさいや広場研修室

 

予告

2014年4月4日(金)  国際ソロプチミスト宇和島20周年式典

           ※2月24日で満20年を迎えます。


◎ ● ◎ あんず句会 ◎ ● ◎

 

若き日も 今も幸せ 木瓜の花

じゃんけんの ぽんでとび出し 山笑ふ

阿部 貞子

 

働ける幸せ 母の日なりけり

黄水仙 今日あることの ありがたし

土居 禮子

 

昨年の  てのひら赤き  椿冷ゆ

終えてなお  旅の白梅  香りけり

寺田 久子

 

三間盆地  殻雨の雨の  静かなり

美沼路は  癒しの時よ  若葉風

本山 あけみ

 

笑顔なる  母の遺影に  冬日さす

早足の  夫婦ジョギング  今朝の冬

三瀬 泰子

 

満開の  桜の中で  満願す

御仏を  守る新樹の 高野山(こうや)かな

田中 由美子


ご報告

昨年「女性に機会を与える賞」を受賞された近藤亜希子さんは、看護学校を卒業し、市立宇和島病院に勤務が決まりました。おめでとうございます。


● 1年間の主な行事 ●

 

7月28日・29日 岡山ユースフォーラム 宇和島東高 宮部さおりさん

    9月8日 岡山委員長研修会

   11月16日 日本財団熊本大会 三間高校農業クラブ

                  社会ボランティア賞青少年の部

   11月25日 三間高校 エイズキャンペーン

   12月11日 チャリティバザー

     2月8日 ソロプチミスト松山40周年

     2月24日 夜間例会・認証記念日

 4月18日・19日 西日本リジョン大会 16名出席

     5月15日 例会

        【表彰式】

         ルビー賞 山口美和さん

         女性に機会を与える賞 甲斐 明子さん

         バイオレットリチャードソン賞

         宇和島東高家庭クラブ 三浦あいりさん


● ソロプチミスト ●

 

ソロプチミストとはラテン語のSORO(姉妹)+OPUTIMA(最良のもの)からきています。女性の生活向上を目指し、日本だけでなく全世界で活動する女性だけの団体です。国連では、経済社会理事会に所属し、意見を述べています。主として実業界で活躍する女性、専門職に従事する女性の国際ボランティア奉仕組織で、地域社会と世界で女性と子供たちの生活を向上させる活動をしています。

 

ソロプチミスト誓約

私たち、ソロプチミストとして、ソロプチミズムに忠誠を誓い、真摯なる友情・偉業達成の喜び・奉仕の尊さ・誠実な職業・国土愛等を強調するその理想に従います。私たちは最善をつくして、これからの理想を促進し、支持し、擁護し、家庭、社会、実業界においてより大きな友情を築き国家のため、神の為に努力いたします。


● H23年 思い出写真集 ●

第26回リジョン大会 表彰晩餐会 集合写真

ゴーズオン 改め 蓮レンの2人が演奏

滑床渓谷の遊歩道清掃奉仕

満18年を迎えました(2012年2月24日)

新旧役員の引継ぎご苦労様でした。

野本会長はじめ新役員の皆さん宜しくお願いいたします。