◆会長退任挨拶 宮田 敏子

 

一年前会長をお引き受けする時、私にできるだろうか?一度もいろいろな所で役を受けたりした事のない私が、多数の方が集まる時、自分の意見をなかなか発言できないでいる自分が、本当にやれるのだろうかと心配になりました。

 

でも、話し方もへただし、もたもたしていて、会員の皆様はさぞイライラされた事でしょう。ですが、皆様の御蔭で無事役目を終える事が出来本当に有りがとうございました。松山で初めての年次大会。年次大会に、クラブの皆様と多数出席できたのは初めてではないでしょうか。

 

3月11日の東北大震災。テレビのニュースで見る津波の恐ろしさ、始めは一体何が起きたのかわかりませんでした。甚大な被害にあわれたソロプチミストの皆様心からお見舞い申し上げます。一日も早く立ち直っていただきたいと思います。

 

私は前から、「女性に機会を与える賞」と「ヴァイオレット、リチャードソン賞」をまだ一度も応募した事がなかったので、ぜひ応募したいと思っていました。図らずも、どちらも応募する事が出来、又「女性に機会を与える賞」では、始めてにもかかわらず3位入賞出来こんなにうれしい事はありません。

 

なんてラッキーなのでしょうか。入賞された近藤亜貴季子さんは、来年4月から看護師になられますが、見守って行きたいと思っています。

 

ユーズフォーラムにも応募する事が出来、今まで会員の皆様が種を蒔いてこられたおかげだと思っております。

 

この一年間至らない私を支えていただいた、お一人のセクレタリートレジャラーの皆様有りがとうございました。

会員の皆様にも心からお礼申し上げます。


◆H23年度 会長就任にあたって 亀岡 征子

 

平成23年7月から平成24年6月まで会長を急に仰せ付かりまして、とまどいを感じながらも実の引き締まる思いをしております。

 

この3月に千年に一度という東日本大震災が起き、大変な時期に直面している日本列島に心痛む毎日です。具体的にまだ白紙の状態ですが、今だからこそ出来る事を少しずつ皆様と共に考え、相談しながら、一歩一歩積み重ねていけたら幸いです。

 

未熟な私ですが、皆様のお力をお借りして無理をしないで元気で楽しい実りのあるSI宇和島にして参りたいと思いますのでご協力ご指導の程よろしくお願いいたします。


◆H22年度 委員会活動報告

財務/奉仕資金委員会   岡 恵子

 

今年度は久し振りにチャリティバザーを開催いたしました。初めての道の駅、きさいや広場での又期日も10月2日と早い時期での開催にとまどいながらの準備となりました。

 

時節柄又会員数の減少のなか、掘り出し市での品物が集まるのか、喫茶コーナーは、収益は上がるのかとずいぶん不安でした。しかし、会員各位の力強い底力で乗り切る事が出来ました。

 

掘り出し市も完売、又市民広場を使っての喫茶コーナーも和やかな内に、市民の皆さんに楽しんでいただけ、収益を思っていた以上にあげる事が出来ました。

 

会員皆様のおしまぬ御協力と市民の皆様の温かい励ましに感謝して、今年度の事業を終えさせて頂きました。有難うございました。


環境保健奉仕委員会  三浦 理恵

 

今年度プログラム委員会と合同で活動致しました。今年も「世界エイズデー」のキャンペーンに参加、水産校で12月8日実施、17名のSL会員がエイズ予防のバッチ”赤いリボン”をつけて、早朝行事で寒い日でしたが、高校生に例年どおり配布品を配り「エイズ蔓延防止」を呼びかけ予防教育と致しました。

 

このあと会員一同でハワイ沖事故から今年10年を迎える慰霊塔にお花を捧げご冥福と海の安全を祈りました事も意義深い事でした。

又、久ぶりにあんずの丘にお花見を企画。皆さんで大きく育ったあんづの木とお花を楽しみました。委員会の活動は、委員さんの協力がすばらしく一人一人が持ち味を生かし楽しい活動で終わりました。ありがとうございました。

10年で私たちの杏の木も大きくなりました。


ソロプチミスト日本財団委員会  亀岡 征子

 

今年度は三間高等学校農業クラブの花いっぱい運動と遊子水ケ浦の段畑での土産品提案運動について、を応募いたしました。三間高校の林共闘先生が心より喜んで協力していただきました。あとは選ばれることを祈るばかりです。


メンバーシップ委員会  三瀬 泰子

 

今年度は、後期から山本貴美子さんが入会されました。これからご一緒にいろいろな奉仕活動が出来ます事をうれしく思いますし、期待しております。いろいろな方と友情を育んで一生の友を見つけて頂きたいと思います。

 

一方で、岩崎光子さんと中川美智子さんが退会される事になりました。大変残念です。長年に亘るっ様々なご貢献に感謝いたします。ありがとうございました。会員は三十名となりました。

 

来年度は委員会のメンバーを中心に、全員で新入会員の勧誘・増強に積極的に取り組まねばならないと思います。


アワード委員会  久保田 和子

 

今年度は2件応募出来お役目達成!!幸せな1年となりました。皆様の長年の努力の甲斐が実ったその結果に感謝しております。

 

9月8日 第一回委員会 ヴァイオレット推薦者応募での学校訪問実施周辺の高等学校、中学校18校を委員7名、2班に別れて訪問。

数日後、日吉中学校長山本先生より推薦者の話を頂き宮田会長と訪問。「聡明で笑顔のかわいい山本奈緒さん」にお会いして初めて西リジョンの応募できること、プレッシャーから解放された思いで一杯でした。数日してきれいに清書された応募原稿が届き委員会で承諾の後、宇和島周辺の地図に18校を記入、お手紙を添えて委員長宛に発送したのでした。

 

12月締め切り前日に「女性に機会を与える賞」の応募原稿が私の手元に届き今回もあきらめの境地でいたので驚きとうれしさ。急遽委員会の承諾という慌しい応募となりましたが、会長と「清楚で学業優秀な近藤あきこさん」と面会。この方なら入賞間違いなしを確信。市役所福祉課でWOAの応募を進めて頂いたとの事でした。

 

4月に西リジョン大会では2位受賞(会長が代わり授与しました。)西リジョン分科会で委員長は冒頭応募した折に添えた手紙を涙ぐんで読んで下さり、これもアワード委員一団となって活動した賜物でしょうか。

 

5月7日 丸水にて 賞金授与式

(近藤さんのご都合。例会でお渡し出来ず残念)

 

ソロプチミストの活動を啓蒙し地域に浸透され理解されることの大切さ次年度もよろしくお願い致します。

(ヴァイオレット受賞の山本奈緒さんと校長先生)

(感謝状とクラブ賞を贈りました)

(女性に機会を与える賞を入賞した近藤さん)

(4月の西リジョン大会で2位受賞!)


プログラム奉仕委員会  井上 弥生

 

今期は、継続活動

・古切手の収集、

・宇和島祭協賛

・豊正園への協力、

・宇和島少年少女合唱団助成金

・宇和島市立図書館への寄付、

・賞の応募・エイズキャンペーン運動

 (環境・保健奉仕委員会と合同で)

 

の他に、デートDVに関わる活動として、宇和島東高等学校にデートDVパンフレットを1000部配布しました。

 

又、Sクラブとの繋がりから、7月28日、29日に開催されるユースフォーラムに一名応募があり、とてもうれしく思っています。これはスポンサーシップ委員会のこれまでの活動と前大塚委員長のご協力があればこそと感謝いたしております。SI宇和島としては、彼女をサポートしつつ、今後の活躍を期待しています。

 

そして、宇和島市図書館への寄付について皆様に対応を検討していただいた事、プレートの設置ができた事は一歩前進ではないかと思います。

 

私は、この委員会の委員長をこれまでに何度も経験してみていつも思う事は、この委員会の活動が広範な為、それをクリアーしようとすればどれも中途半端な活動で終わってしまうという事です。クラブも地道な活動の積み重ねの上に現在の活動が繋がっている事を強調されていました。しかしながら私が強く感じた事は、とにかく委員長の熱意と強いリーダーシップが必要だという事でした。

 

そして、自らを反省し、次期委員長に引き継ぎたいと思っております。この二年間、ご協力有難うとうございました。


● H22年度 思い出写真集 ●

( 2月24日 創立記念パーティ )

( 会員の皆様と石鎚山へ )

( 1年間皆勤賞の皆様 )


< ソロプチミスト誓約 >

 

私たちは、ソロプチミストとして、ソロプチミズムに忠誠を誓い、真摯なる友情・偉業達成の喜び・奉仕の尊さ・誠実な職業・国土愛等を強調するその理想に従います。

私たちは最善をつくして、これらの理想を促進し、支持し、擁護し、家庭、社会、実業界においてより大きな友情を築き国家の為、神の為に努力いたします。


<今後のご案内>

12月11日 チャリティーバザー

     (道の駅きさいや広場・市民ギャラリー)


広報委員会 委員長 中村

清家、井上(弥)、保木口、小関、山本