2006~2008年期 西リジョンテーマ

”女性にかがやきを・こどもに生きる力を”

Brilliancy for Women, Zest for Children

 

クラブテーマ ”育てる”

 

ソロプチミスト誓約

 

私たちは、ソロプチミストとして、ソロプチミズムに忠誠を誓い真摯なる友情・偉業達成の喜び・奉仕の尊さ、誠実な職業・国土愛等を強調するその理想に従います。

私たちは最前をつくして、これらの理想を促進し、支持し、擁護し、家庭、社会、実業会においてより大きな友情を築き国家の為、神の為に努力いたします。


◆一年間の感謝を込めて  藤原 啓子

 

当クラブは、今期認証15執念を迎えました。2008年11月23日には「育てる」のクラブテーマのもと、県の天然記念物「沖ノ島のハマユウ」を31年間にわたり護り続けた宇和海中学校生徒会の奉仕活動を支援させていただくために「土居裕子チャリティコンサート」を開催することが出来ました。

 

また、2009年3月29日には「認証15周年記念チャリティ茶会」を開催することができ、宇和島市社会福祉協議会に軽自動車を贈呈することができました。会員の皆様の力強いご協力のおかげで、すべての事業を無事終えることができましたことに、心より感謝を致しお礼を申し上げます。


◆今期の活動

●チャリティコンサート

●認証15周年記念茶会

 

◆継続事業

●宇和島市立図書館への図書の寄贈

 「ソロプチミスト文庫」

●「あんずの丘」の整備

 杏の木の植樹(宮下ふれあい広場)

●宇和島少年少女合唱団への助成

●宇和島祭り協賛

●使用済みテレホンカード・切手・プルタブの収集送付

●チャリティバザー開催

●エイズ予防の啓発活動

●宇和島東高等学校ボランティア部助成

 国際ソロプチミスト宇和島Sクラブ

●市内3幼稚園に遊具贈呈

●DVキャンペーン・うちわ配布


◆役員紹介

 

2008.7月~2009.6月期

会    長  藤原 啓子

会長エレクト  土居 礼子

レコーディング 本山 あけみ

事 務 局   寺田 久子

トレジャラー  荻原 初美

 

2009.7月~2010.6月期

会    長  土居 礼子

会長エレクト  宮本 敏子

レコーディング

事 務 局   大塚 享子

トレジャラー


◆2009年度を迎えるにあたって  土居 礼子

 

国際ソロプチミスト宇和島2009年度の会長を仰せつかりました土居礼子です。

認証15周年も無事に終わろうとしています。遂に私の順番が来てしまったと次年度一年のお役目を無事終了できるよう祈る今日この頃です。このお役目を受けるに当たり、会長経験者の皆様の暖かいお言葉、会員の皆様のやさしいご意見に励まされ、お引き受けすることとしました。何が起こってもおかしくない、百年に一度に未曾有の不景気と云われ私を含め周りも随分影響を受けておられる様です。そんな中、会員の皆様が安定した生活を送られて、この会を存続できてこそボランティア活動が出来るのだと思います。以前、田中由美子さんの掲げられた”やさしさと笑顔と思いやり”をクラブテーマとし、一年間を過したいと思います。

役員をお引き受け頂いた皆様、会員の皆様、どうぞよろしくお願い致します。

 


スリーメンバー賞受賞 メンバーシップ委員会 久保田 和子

 

3名の新会員と1名の再入会員をお迎えして西リジョン大会でスリーメンバー賞、会員維持賞をいただく事ができました。

一挙に平均年齢が若返りこれからが楽しみですね。新会員にはお声をかけ仲良く活躍していただけます様よろしくお願いいたします。

 

認証から15年会員の高齢化?地域社会の人口減少、経済不況と重なり先行きは以前明ですが・・「強く賢く聡明で行動力のあるソロプチミストの皆様」こんな時こそ女性パワーを発揮して会員が欠けることなく元気で楽しみながら世の為に活動いたしましょう。


財務奉仕委員会  土居 禮子

 

今年度歳入事業は、

1、土居裕子チャリティコンサート

2、国際ソロプチミスト宇和島15周年チャリティ茶会

以上、とても大きな事業でした。が、いずれも会員の皆様のご協力により大成功を収めることができました。

 

しかし、今後の歳入事業はとても難しくなって来ると考えています。全員で知恵を出し合い、いい事業が出来ます様、力を合わせて行きたいと考えております。

一年間、ご協力本当に有難うございました。


日本財団委員会  土居 礼子

 

前年度の委員会の提案により、2009年度はボランティア賞。社会人の部に手話サークル”はまゆうの会”を推薦することとしましたが、団体を応援するのではなく女性と女児の推薦のほうが賞に入りやすいのではないか?ということで、代表者の一人である”佐竹祝子”さんを表彰の対象とする事にしました。

偶然、彼女は、以前から当時アワード委員会であった三瀬さんも応援していた方でした。彼女自身、手話通訳者でもあり、昼間は、看護師長さんとして努められ、ろうあの方も安心して治療が受けられるよう患者さん一人ひとりに接しておられます。

 

妻として、母として子育てもしながら、夜は、手話サークルを開き、会報を月一回発行し、サークルの活動を紹介しています。11月2日には、第16回”手話の集い”が開催され、委員会のメンバーも参加し、会員の皆様の本当に献身的で大変な苦労をなさっておられる様子を垣間見て、一層、賞の応募に推薦しようと確信いたしました。

 

折しも今年度”手話サークル”発足30周年の記念イベントをするため、是非受賞し、資金不足を解消する手段としていただきたいと思います。5月初めには、委員会の方々のご協力のもと、無事応募書類を提出させていただきました。あとは、受賞の幸運を祈るのみです!!最後になりましたが、賞に洩れた場合には是非とも私共の会からの援助をよろしくお願い致します。次年度は宮田さん・・・宜しくお願い致します。


規約決議・SOLT委員会  高倉 純子

 

一口ソルトメッセージを配布。

バースデー月にバラの花をプレゼントした。

杏の箱へのお願いを呼びかけた。

出席確認!退会防止に努め会員維持を図る。

クラブ規約・内規の見直しを作成する。

今年度は出席率100%の会員は5名です。


広報委員会  中村 香織

 

クラブ内行事の広報活動、撮影、パネル展示、クラブ会報「杏の木」作成、原稿のご協力ありがとうございました。


プログラム奉仕委員会  大塚 享子

環境保健奉仕委員会   岡 恵子

 

2008年8月、西リジョン委員長研修会での指導に従い、エイズのまん延防止&予防教育啓発活動を12月1日のエイズデーの寄付と合わせて、プログラム奉仕委員会と環境・保険奉仕委員会で取り組みました。

 

11月27日(木)に愛媛県立吉田高校、11月28日(金)に同津島高校で実施いたしました。冷たく風邪の吹く朝の登校時7時半頃から約1時間、登校時間に校門に立ち、1人1人に声を掛け、レッドリボンのついたパンフレットにアメリカ入りの袋を手渡しました。皆一瞬「何?」という顔でしたが会員が笑顔で”読んでネ”と渡しました。会員の皆様にはアメ入れの準備から早朝より吉田校で18人、津島校13人と多数のご協力を得、実行出来ました事をお礼申し上げます。

 

その帰りの温かい1杯のコーヒーの美味しかった事が思い出されます。私達の活動は範囲が広くすべての活動をすることは出来なかったのですが、池に石を投げ入れると輪が広がるように、活動も少しずつ継続して、私たちの身の丈と地域に合ったテーマを1つでも選んで、女性と女児の生活向上をはかるプログラムと合わせて進めていきたいと思っています。レッドリボンの配布は次年度も実施したいと思っております。又、食育の推進、地球の環境汚染防止、DV防止、等、いろいろありますが私達が会員の1人として、人間として、人を思いやる心、電気のスイッチをこまめに切る、買い物袋を持参するなど心して生活する事がソロプチミストの活動につながって行くのではないかと思います。


アワード委員会  宮田 敏子

 

5月の例会で、「女性のために変化をもたらす賞」に応募いただいた『手をつなぐ育成会(吉田町)』会長吉田和美さんをお招きし、卓話をしていただいた後、会長からクラブ章を差し上げました。


スポンサーシップ委員会  浅田 昌美

 

平成20年11月23日、土居裕子さんをお招きしてチャリティコンサートを開き、宇和海中学校の生徒さんと沖の島ではまゆうを育てておられるのに協力

 

平成20年11月26・27日の2日間に渡り、プログラム奉仕・環境保健奉仕委員会と合同でエイズ撲滅キャンペーンを吉田と津島高校で、寒い中会員の皆さんのご協力のもと行いました。

 

平成21年、宇和島東高等学校Sクラブへアルミ缶のプルトップを持参し、一年に一度の交流会(月見とボウリング)

 

平成21年度はバザーを取りやめて、チャリティーゴルフを10月20日に予定しています。

 

平成21年5月22日、市内4クラブ合同懇親会をハイウェイレストラン宇和島にて43名が出席し、井上弥生さんの名司会と荻原さんのカラオケなどで大いに盛り上がり、楽しい会でした。

 

今日まで委員会を4回開きましたが、楽しい会としてSI宇和島になるように頑張ります。不安定で厳しい時代のこの時こそSI宇和島は地域の学生の奉仕活動に期待し、心豊かな社会人になってもらうために活動を支援し、交流を深めていきたいと思っています。また、皆さんのおかげで、茶会も大成功でした。感謝


プログラム奉仕委員会  大塚 享子

 

うわじまガイヤカーニバル協賛

宇和島少年少女合唱団支援

図書館に図書費寄贈(ソロプチミスト文庫)

エイズキャンペーン(レッドリボン)

パンフレット配布

ドメスティックバイオレンスキャンペーン

デートDV、ビデオ放映、現場DV安全カード案以上、2009年度も継続の予定


認証15周年記念チャリティ茶会において、香煎席はそれぞれのテーブルにお花とお雛様を飾り、中村仁樹さんには素晴らしい尺八の演奏をしていただきました。また、点心席では何度も試食会をし、そしてお抹茶やお菓子などもぎりぎりまで皆さんに考えていただき本番を迎えることができ、お客様にも本当に喜んでいただきました。

この度の茶会であらためて「おもてなし」の心を教えて頂きました。ありがとうございました。

藤原 啓子


● ◎ ● 俳  句 ● ◎ ●

 

冬の薔薇晩年とゆふ見えぬしの

ホゴの目の疑心暗鬼に我を見る

阿部 貞子

 

ヘレンドの器のよかり聖五月

七十路の旅夏きざすプラハ城

岩崎 光子

 

夕顔の白ほのかなる夕闇に

鈴虫の声に和しをり子守歌

田中 由美子

 

かたかごの花の郡生くらくらす

アカシヤの戦の父の帰り来ぬ

寺田 久子

 

蛍舞ひ無言の章を二人して

白ボタンいさぎよしとの教えあり

土居 禮子

 

薫風や窓辺に本とコーヒーと

花極まりぬあの世かなこの世かな

三瀬 泰子

 

若葉風胸のつかえも解けにけり

賛美歌のチャペルを抜けて聖五月

本山 あけみ


< ソロプチミストとは >

 

ラテン語のSORO(姉妹)+OPUTIMA(最良のもの)からきています。

女性の生活向上を目指し、日本だけでなく全世界でも活動する女性だけの団体です。国連では、経済社会理事会に所属し、意見を述べています。主として実業界で活躍する女性、専門職に従事する女性の国際ボランティア奉仕組織で、地域社会と世界中で女性と子どもたちの生活を向上させる活動をしています。

 

SI宇和島は1994年2月24日に発足し、15周年を迎えました。


SI宇和島では、努力している女性を探しています。

 

<女性に機会を与える賞>

教育や職業訓練によって家庭の生活水準を向上させるために経済的援助を必要としている女性。

 

<女性のために変化をもたらす賞>

自らの専門職やボランティア活動を通して、女性と女児の生活を向上させるために努力している女性。

 

<ヴァイオレット・リチャードソン賞>

地域や学校をより良くするために、ボランティア活動に熱心に取り組んでいる14歳から17歳の女性。

 

<社会ボランティア賞>

(青少年の部)

地域社会密着型のボランティア活動を地道に行い、貢献している人で中学、高校、短大、専門学校、専修学校またはそれと同等の学校に在籍する個人またはグループ。

 

(社会人の部)

地域社会密着型のボランティア活動を地道に行い貢献している人、女性などを様々な形で応援している個人またはグループ。

 

<環境貢献賞>

大気汚染、土壌汚染、水質汚濁、省エネルギー、緑化などの分野で地球の環境保全に貢献し、環境問題を通して国際協力や調査研究している個人またはグループ。

 

<「青少年育成賞」千 登三子名誉理事長記念>

次世代を担う優秀な人材を発掘し育成するための活動や、社会生活に適応できない若者の支援と訓練をボランティアとして長年実行している個人。

 

<千 嘉代子賞>

国際理解素行新ならびに国際文化にちゅう顕著な功績が認められる日本人に贈呈。

 

<国内:国際奉仕>

(財)ソロプチミスト日本財団の目的にあった活動を行い、資金援助を必要としている個人または団体を援助。


国際ソロプチミスト宇和島 認証15周年チャリティー茶会

H21.3.29 於 サブライムホール

あんずの実<宇和島市宮下運動公園>


<2009年 ご案内>

2009.10.20 チャリティゴルフ大会


広報委員会 委員長 中村 香織

田中 由美子、三浦 理恵、野本 寿美子、清家 葉子

 

<表紙>沖の島 2009.6.12